■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■US-366レビュー。

US-366のレビューです。
ちょっと長めです。気になるところだけ拾い読みするのがいいかも。

スペックや細かい機能は公式のマニュアルに乗ってあるんで
個人的に配信やNetduettoで使っている部分だけピックアップします。

まず外観、CDケースと同じくらいの大きさです。ちょっとだけ大きい(長い)。
Picture 1 Picture 4

次にフロント
aaa.jpg

2入力まで対応しています。真ん中はヘッドフォン端子です。
端子が4つありますが1INPUTにつきラインとマイクどちらかしか使えません。
1INPUTにマイクとラインを挿しても正常な動作はしないようです。
(と説明書に書いてあります。自分では未確認です。)

全体的にシンプルな作りになってます。
端子にほこりが入りづらいのと掃除がしやすいのが嬉しい。

次にリア。
Picture 7
左からUSBポート、光入出力、ライン入出力、スピーカー出力です。
スピーカーが光端子対応しているので僕はそっちを使ってます。
ちなみに電源はUSBから取るのでコンセントは無いです。

US-366にはMULTI TRUCKとSTEREO MIXの2つのモードがあります。
僕の場合はMULTI TRUCKがNetduetto用、STEREO MIXが配信用です。
MULTI TRUCKモードは外部の入力だけを出力
STEREO MIXが内部の音と外部の音をミックスして出力します。
楽器演奏が前者で実況が後者という感じで使い分けることになると思います。

【総評】
コンセプトをウェブ配信に置いてあるだけあってこれ一個あれば問題無いと思われます。
あとオンボードサウンドカードを使ってるなら聞く方の音質も改善されるかも。
僕みたいにゲーム実況配信や、演奏や歌の録音がしたいって人にはオススメです!


■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

おかたん

Author:おかたん
ネットの片隅に生きてます。

検索フォーム

最新コメント

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。